201207 山梨

2012年8月 6日 (月)

やぎとひつじ まきば公園

まきば公園へ。
広い!

P1090638

ひつじややぎが放し飼いされてます。
わー、近い近い。

こんなに近くで見たのはじめて。
動物苦手なんだけどね。

P1090641

ハイジになった気分。

でも、やぎの食欲がすごくって・・・
口から草がこぼれてる。
ひたすら食べ続け、息してない感じ。
ちょっと怖い・・・。

ひつじもいたの。
足が黒い。
靴下はいてるみたいね。

P1090686

かわいいんだけど、毛がなんか古い絨毯みたい。
からまってて、気持ち悪いよ。
それにこちらも息もせず草を食べる。

しかもいたずらされたトラウマがあるのか、人が近寄ったりうしろに誰かいると急に走りだして逃げるの。
人にぶつかりそうになるし、もう私は怖くて怖くて。

と言いつつ、

P1090670

後ろに回り込んでみたり(笑)
完全に楽しんでますな。
怖いんだけど、やめられないの。
気持ち悪いーとか、言いながら近寄る。


木陰があるんだけど、動物の休憩所なんだって。
みんな息が荒くって、やっぱり怖い。

P1090747

目が怖いよう。
と言いつつ、柵があるのをいいことにかなり至近距離。

P1090768

睫毛伸びた?
何か塗ってるの?
聞いたけど返事なし。
ふん、だ。

P1090760

暑いんだから離れたらいいんでないの?
でも決まりがあるみたいで、ぎゅーっと並んでる。
それでみんなでゼエゼエ。

P1090756

もっと離れたらいいのに(笑)
おかしくてしょうがないよね。

P1090757

「こわかわいい」っていうのかな。
なんかもう、離れられない!
相当楽しんでます、私。

それでしばらくじっとしてて、元気になった子から

P1090785

わーってかけていく。
元気だなぁ。

しかし日射しをさえぎるものがなく、相当暑いです。
じっとりと、汗。
退散しまして、ソフトクリームを食べましたの。
味が濃厚。
んまい!

P1090800

こんな感じに旅をしめくくりました。

どれをとっても楽しいことばっかりだったな。
思い出いっぱい。
本当にありがとうございました。
次は松本のクラフトフェアかな。



私の夏はまだまだ終わらないってさ。
これからもいっぱい楽しいことがあるの。
ぎゅうぎゅう詰まってる。

ああ楽しみ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 5日 (日)

きのこいっぱい

私はすぐやる課所属ですから。
旅行記もすぐまとめますよ。


八ヶ岳倶楽部に来たの。
そう、あの柳生さん親子のお店ですね。
お父さんの分け目・・・いや、何でもない。

息子さんも感じのいい素敵な方。
うちの母はファンだったそう。

写真撮ればよかったね、ごめんね。

レストランでランチにボルシチ。
私ボルシチって聞くとすごく食べたくなるみたい。
意識してなかったけど、たぶん相当好きな料理。

P1090372

自家製の白パンを食べた。

P1090376

美味しかったよ。
フルーツティは、すごく美味!

P1090369

これぐらいたっぷり入れないと味が出ないのでしょう。
色々な種類のフルーツが入ってる。

お店の外に多肉植物のアーチがあってね。
それがとっても素敵でした。
寄せ集めると、ほんと雰囲気あるよね。

P1090388

うちの玄関にも欲しい。

そのあとは、雑木林を散策。
緑が気持ちいいでしょう。

P1090406

手つかずの自然がいっぱい。
だけど、きちんと整備されてる。
いいな、って思いました。

P1090402

ほらね、配慮されてて歩きやすいの。

早々にきのこ発見!
何だろう、これ。

P1090410

ちょっと歩くとぞくぞく見つかる!

P1090586

しめじっぽいような。

P1090574

P1090495

これはマッシュルームっぽい?
よく見ると、右上にはかたつむりも!

P1090454

そうそう、こうゆー色でないとね。

P1090438

寄り添って、いい感じ。

P1090435

こんなのも、あんなのも。続々。

P1090427

密集してるよーわー、何だろう!
摘んで帰りたいところをぐっとガマン、ガマン。

きのこの写真を撮るのって案外難しい。
きのこ目線になるには、ヨガマスターみたいな格好にならないといけないし。。。
恥ずかしい気持ちを捨てないとダメ。
それにちょっと薄暗いところが多いから、ブレやすいし。
「きのこ撮影講座」とか、ないのかね。ないかな。

きのこがいっぱいで、本当に楽しかった。

このままきのこに惑わされて奥へ奥へと進み・・・
迷子になるところだったわ。
はっと我に帰り、Rっちゃんと下界へ戻り男子チームと合流しました。
お待たせしました。


あっ、こんなの発見。
きっとすぐ寒くなるんだろうねぇ。

P1090637       

なんかまるくてかわいいね。
もうきっとすぐ、出番なんだろうな。
このあたり、夏でもひんやりしてて心地いいもん。



はい。次は、ひつじを見て帰ります。
まだ、続くよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 4日 (土)

ひまわりいっぱい

早安!
朝ですよ!

外の流しで顔を洗って歯磨き。
水が氷水みたいに冷たいの。
きんきん!

あら、そとの流しの三角コーナーにみっちりかなぶん。
かなぶんぶ~ん。

P1090125

山でちょっと生活しただけで、私虫に強くなったよ。

お皿の上にかなぶんがいても指ではじいちゃう。
足の長いくもも、つまんでぽいっ。
蛾もうちわでアタック。
野性的になりました。
昔は顔にかなぶん当たって悲鳴をあげていたのにね。

朝からまた旦那さんが炭をおこしてくれました。
パンをあぶったり、ウインナーをあぶったり。
別でカセットコンロも活用してフライパンも活躍。
目玉焼きとかも作ってくれたの。

スモークキットでスモークしたたらことバターをパンに塗ったり。
とにかく至福の朝ごはん。

P1090161

腹ごしらえのあとは帰り仕度。
キャンプ場とさようなら。

お次は、いざ明野のひまわり畑へ。

車の中で後部座席は私とTくん。
この頃はもうすっかりTくんと仲良しこよし。

手つなごうってさ。んー、もうラブラブよ❤
私のしろめをむいた顔がお気に入りだったみたい。
ケラケラ笑ってもっかい、って言うからね。
何度もリクエストに答えました。


はい。到着しました。
みなさーん、ひまわり畑ですよ!

P1090288

ひまわりのいいところ。
みんなが揃って同じ方向を向いてるところ。
ものすごいパワーを感じるよね。

ひたすらひまわり。
すごーい。
写真で見たほうが、なんかぎっしり感UP。

P1090308

ちょっとつまさきだってるようなところとか。
頑張ってのびてるところとか、いいよね。

P1090339

ひまわりみたいな明るい人になりたいわ。
見てて元気になるような。
素敵、ほんとかわいいひまわり。

これからできると思われる、ひまわりの種。
美味しいおやつになるんだよ。
中華圏ではポピュラーなの。
スパイスで炒って味つけてあるんです。
楽しみね、ししし。

P1090343

お花っていいね。
自然って素晴らしい!
元気をいっぱいもらいました。


お次も自然豊かな場所に。
森で野生のきのこをみつけて
鼻血を出しました。

でもどちらかというと、こっちのが私っぽいかしら?


続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

BBQしてキャビンにお泊り

キャンプ場に到着!

わ、写真みせてもらってずっと気になってたキャビン。
馬車みたいで素敵だと思わない?

P1080655

中は2段ベットとちょっとした空間、冷蔵庫がある。
上のベットは・・・落下が心配・・・。
身軽な方に寝ていただきました。
私は下のベットに。

P1080694

夜、天井に手を何度もぶつけて目が覚めたの。
なぜに天井・・・(-_- )

自分の寝姿を想像すると、とても怖い怖い。
疲れていびきかかなかったかしら。ドキドキ。
ま、みんなもう忘れてるよね。
なかったことにしましょう。


似たような建物が並んでるでしょ。
迷子にならないように、Rっちゃん旗をつけてくれた。
こういうところが素敵でしょ。
わーい、わーい :)

P1080721

さぁBBQ開始!
まだ明るいうちから焼き始めるよ。
じっくり炭火で焼くのって美味しいよね。
最近BBQ大好きなんだ。

ローズマリーを束ねて、オリーブオイルを塗っていく。
いいにおいが野菜にもうつるね。

炭の横には、濡れた新聞紙でくるみホイルを巻いたじゃがいもやたまねぎ、にんにくが置かれています。
野菜もほんと、どれも美味しそう。
わぁ~。楽しみ。

P1080809

お肉もガンガン焼きます。
焼きます、ってえらそうに言ってるけどさ。
私は座って食べるだけ。
すみません。

P1080886

かごいっぱいに調味料を用意してくれました。
ネギのオイル漬けをのせて食べたり。
発酵バターと塩とか。
焼いたにんにくを乗せて醤油をたらしたり。
とにかく色んな調味料をつけて食べました。

P1080902

牛肉には、おすすめのとおりわさびを乗せて。
さっぱりしてほんとに美味しい!!

P1080895

ああ、おなかいっぱい。
気がつくと日もとっぷり暮れた。

P1080927

まるごと焼いた玉ねぎ、甘かった。
レモンも焼いてしぼったよ。
残骸たちと、余韻にひたる。
ろうそくゆらゆら~。

P1080962

それからみんなで花火!
けっこう威力がすごいのね、最近のは。
ちょっとびっくりしつつ、盛り上がる。

P1080994

さいごは線香花火。

P1090095

花火も何年ぶりかな。
ああなんて楽しいひとときなんでしょう。

夜も更けてきました。
Tくん、寝かしつけタイム。
私はひとり、テントでお留守番。

持参した本を読みました。
スープの教科書。

P1090100

ていねいに読んでいく。

お料理の本は気軽に読めて、ひとつのページで完結していて、どこから読んでもよくて。
旅のおともには最適。
ぼーっとして、また本読んで。

涼しいなぁって、またぼんやり。
ああ、のんびり、のほほん。



Tくん就寝。
夜は大人の時間。
みんなで温かいものを飲みながらお話しタイム。

まったりくつろぐ。
・・・でもみんな眠そうな顔(笑)
このまま寝たいぐらい。


そのあとRっちゃんと露天風呂へ。
ちゃぷんと顔だけだして、ゆったりつかる。
あー、いいね。
のんびりのんびり。


こんな感じで1日が終わりました。
おやすみなさい。

翌日も色々おたのしみ満載の旅、まだつづくの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

ひんやり渓谷散策

今年も甲府のRっちゃんのところへ遊びに行ってきました。
(あれ、伏字になってないかな・・・Rっちゃん 笑!)

1時間30分だからね。
ほんとに早い。

甲府の駅前についた瞬間、感じる熱風。
さすがに暑いわ(笑)
じりじりとする暑さ。
熊谷系だわね、これ。

お友達家族と合流。
駅前でビールフェスタやってました。
ここでランチを。

にぎやかだけど、週末にしては人が少ない?
ん、やっぱり暑いからでしょうなぁ。

ビールフェスタだけど、ビール関係ない私はうどんを食べる。
よしだうどんだってーって飛びつく!

P1080419

トッピングの馬肉は完売でした。
かわりにてんぷらのせる。
でもこれじゃ、ふつうの冷やしうどんか。

かき氷が乗ってるけどすぐに溶けてぬるいうどんに。
ばかにできない暑さよ。
さっぱりしててふつうに美味しかった。

あとご当地名物とりもつ。
はじめて食べた。
とりのキャラクターがいて、バイバイって手を振っていた。

P1080421

それより中の人が危ないですよ、って言いたくなった。
中に人なんかいませんって言われるかな・・・。
あんまり動かないで、体力温存して、って思った。
とびつきたいところを抑えて、無視して通りすぎる(笑)

ほんと、熱中症には気をつけてね(余計なお世話?)。


そんな中、私はデザートに白桃のジェラート。
これ、まるごと果実のような味わい。

果物に野菜に、なんでも美味しいねえ。

P1080425

ペロリ。


このあと涼みに渓谷へ行きました。
昇仙峡です。

上流は岩が大きいの。
水量もけっこうあるね。
音が聞こえるだけで涼しい。

P1080537

はー、立派な滝。
涼しいね~。

P1080546 

なんと虹も出た。
わかる?よく見てね。

P1080563

虹見たのって、何年ぶりだろう。
なんか嬉しいね。
Rっちゃんに言われなかったら私気付かなかった。


どこからともなく、いいにおい。
あまーい、あまーいにおい。
あたり一面に漂ってました。正体は・・・

P1080570

立派なユリが咲いてたの。

山の植物って、一味違うよね。
存在感がある。
とっても大きいの!


こんな感じでぐるっとのんびり山道をさんぽ。
暑いんだけど、心地よい。
でも暑い。暑い。暑い・・・。


だろうね。

P1080630

38度!?
納得です。
つーか、壊れてる?


私は日焼けしたくないから、帽子にストール。
バカ殿状態で日焼け止めを塗りたくる。
腕も半袖だったので、片栗粉か?ってぐらい塗る。


ちいさい僕も、きちんと帽子。
かわいいね~。

P1080635

まだこのときは、僕もちょっと人見知り?
おいでー、って言っても。
ちょっとだけ躊躇して、おそるおそる手を伸ばす。

Tくんの名前、中国語の発音だと「桃」っていう意味なの。
だから私はずっと桃太郎を連想している。
つよくてたくましい男の子になるんだろうなぁ。



今日と明日で仲良くなれるかなぁ。
なれたらいいなぁ。
楽しみだ。


気のきく旦那Nくんは、駐車場に走って戻って車で迎えにきてくれた。
急に走って行ったのでおといれかと思ってた。
失礼いたしました。

Nくんの軽快なフットワークにはいつも脱帽です。



さてさて、次はキャンプ場へ向かいますよ。
今夜はBBQをして、キャビンにお泊りです。

標高1000mをこえるととたんに涼しかった。
あそこは天国でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)