201305 京都

2013年7月 9日 (火)

梅小路で蒸気機関車と出会った!

京都で恋した話、みんな予想以上に気になってるみたいで(笑)

いやいや、違うよ。
あれでも、それでもないよ。

好きな人に会うために、梅小路に行ってきたんです。

P1190501

京都で恋した、というか好きな人に会いに行ったのか。
会いに行ってますます好きになったというわけ。

好きな人って機関車だよ!

P1190459

実はここが京都の第一目的でした。
寺より抹茶より生麩より鱧より、梅小路。

台湾の彰化の扇形車庫もよかったけど、ここでは実際に動いている機関車が見れるんだもん。
やっぱり来てみたかった。

動く姿みて、汽笛の音きいたら・・・
確実にハートを撃ちぬかれた。
これほど勇ましくてりりしいものはある?
それにしても衝撃が大きすぎて、目玉ぱちくり。
すごい音だよね。

飾ってあるものも、じっくり見てきました。

お召しのコスチュームも素晴らしかったです。

P1190481

色々好きなんですけど、残念なことに知識がまったくありません。
でも楽しめましたよー。

いっぱい写真も撮ったし。

P1190484

D51もありました。
横から見た図。

P1190497

屋根部分が独特なかたちしてるでしょ。
「なめくじ」ってよばれてたそう。
なるほど。

煙突とかもきちんと見てきました。
年代によって、飾りがついてたり形がちがうんだよ。

車輪がすごく大きい。
素敵。

P1190549

転写台が動くのも本当にはじめてみた。
感動しました。
小さい子は泣いてたけど、その気持ちわかる。
かっこいいんだけど、ちょっと怖いというか・・・
迫力に負けるよね。

P1190590

せっかく鉄道サークルに所属してるんだし、飲み食いしておしまいじゃなくてもっと色々知りたいなーと思いました。
でもね、覚えようと思っても眠くなるしだめなんだよね(-_- )

また見に行きたいな。

やっぱり私は乗るより撮る、が好きです。



以上、ほんとに京都の旅行記おしまい~。
次の旅の前に完結できてよかった。

次、どこでしょうね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

南禅寺 方丈庭園

方丈の庭へ向かう途中、きのこ発見。
引っこ抜きたかったのに固くてびくともしない。
なんでかな。

P1200551

ふふふ。

お寺に入ると、ながい廊下。
好き。

P1200594

ここは撮影できないけど、狩野派の襖絵があるよ。
とても迫力があって、動けなくなる。

でもこの絵も怖くて動けなくなった。

P1200634

お庭もとても風情があってきれいでした。

P1200582

P1200610

ほんとずっと貸切。
ぼーっと庭を眺めるのもいいよね。
時間があったらずっとここに居たいなー。
風、きもちよい。

P1200618

細かいところの装飾もいいのでよく見てね。
これは、お花。蓮かな?

P1200628

見えますかね、たけのこですよ。

P1200631

これは何かな?

P1200578

はなれ小島とかもあります。
いいね。

P1200590

もっとよく見たら面白いものあったかも。
ここのお寺もすごくよかったなー。

P1200636

さ、ホテルに帰りますよ。
急いで戻り、新幹線で帰路についた。

おべんとう、買ったけど。
これでも1300円?とかで高級でしょ。
なのに、やっぱりものたりない。

和久傳のおべんとうと比べてはいけないんだけどねー。
これはこれで、美味しかったです。

P1200664

そうそう、たこの煮物新幹線で落としたの!
はしからすべって、廊下にぽちゃ。
たこ目当てで買ったのに。
悔しくて、お手拭で拭いて食べたからね。
必死ですよ、こっちだって。


やっと京都の旅行記完結!
楽しかった。
行ってよかった!
みなさんも、自分なりの京都旅をしてみてね。


あっ。
でも実は、完結じゃないんだわ。
「京都で恋した話」が残っている(笑)

まぁそれはいつか報告するかなぁ・・・。
ニヤニヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月24日 (月)

南禅寺 三門と水路閣


南禅寺に到着しました。
広いです。かなり。
修学旅行生もちらほら。

P1200522

ここにも三門があります。
本当に偶然なんだけど、京都三大三門のうち2つを制覇したんだ。
あとは知恩院の三門を見るだけ。

知恩院といえば、手作り市が有名でしょ。
いつかからめてまた行けたらいいなあ。

つーか、行こう。
うん、新幹線乗って京都行こう!もう行ったけど!

話がそれた。

とにかく柱が立派。
大根足です。ゆるぎませんよ。

P1200525

ここの建築も釘は使ってないでしょ。
がっちり組まれている感じです。

ここの上の回廊、あがれたよね、たしか。
そうだった。
ここ、行きたかったんだ。
石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」って言ったあれだよ。
急いでてすっかりチェック忘れてた。

P1200527

重厚感のあるつくりに魅了されてました。

素晴らしい、日本建築万歳!

さらに小走り加速。
時間がないよー。

次の目的、水路閣。

P1200530

レンガの色、新緑の青々した色。
とてもきれいです。

P1200537

写真で見たときは延々続くイメージでしたけど、案外小規模。
でも雰囲気がとてもいいのです。

P1200533

でもやっぱり続いていく感じするね。
いいなあー。


一句。
「水路閣 何がそんなに すばらしい?」

そんな私に京都市が喝。

P1200544

そうなんだ。
相当なことだったんだね。
失礼いたしました。

そういえば、インクラインのところに慰霊碑がたっていた。
工事の事故などで亡くなった方のものらしい。
なるほど。
過酷だったのかなぁ・・・
だから恐怖を感じたのかな。

水路閣もきれいなんだけど、ちょっと寒気がするのよね。
心霊スポット紹介じゃないんですけど、ご報告します。

そうそう、時間ないのよ私。
水路閣でポーズ決めて写真撮った。

全速力で方丈の庭へ飛び込む!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

蹴上インクライン 行っとく?

こうやって旅行記をまとめてみると、3泊4日案外満喫してる。
京都、楽しかったなー。

完全自己満足の旅。
忘れないうちにぱっと記事まとめておこう。


最終日、モーニングに行ったお店が・・・ちょっとアレで・・・
期待はずれもいいところ。
有名店の看板かかげているのに、メニューも違うし。
がっかりしてしまった。
あれはニセモノ店か?
高木珈琲に行っとけばよかった。ブツブツ。

京都はこの日から梅雨入りでした。
最後に午前中ぱぱっと清水寺行くつもりだったの。
でもこんなに風が強いんじゃ無理だろうなぁ。
前を歩いてるひと、傘が折れてた。
清水寺行きたいけどな。どうしよう。
ほんとに舞台から傘持ったまま飛び降りたらニュースになっちゃうし・・・
メアリーポピンズって一生言われちゃう・・・
だめだめ、と思ってやめました。

京都駅前の伊勢丹の食材コーナーの品揃えは奇跡でして(笑)
何でもあるから最後買い物でもいいかな、と。

・・・そう思ったけど、やっぱりあのモーニングが解せない。
清水寺にも行かないで、最後これじゃつまんない。

しょうがない、二条城までバスで行こうかな・・・
そう思ってふと途中の道にあった案内図見てみた。
あら「蹴上」の文字が。

そうだ、蹴上インクライン行っとく?

P1200517

というわけで、蹴上へ。
地下鉄ですぐ着いた。
(間違えて反対方向に乗ってしまい引き返したことは内緒。)
駅からすぐでした。
でも全然場所わからなくて、工事の人にインクラインの真下で
「あのすみません、インクラインはどちらでしょうか・・・」ときいたけど。

線路、蹴上だけ形態保存されてます。
傾斜鉄道とも呼ばれていて、舟を運ぶために作られたレールだそう。
電車の線路とは、何か違うのかな?

近くにはダム?のようなものが。
犬みたいに柵のすきまから顔だして撮影してみた。

P1200520

ほんとうは線路の上歩いて行くと、ほかにも色々あったみたい。
でも、とにかく人がいなくて怖かった。
ここで殺されたら助からないと思って逃げました。
滞在時間、約3分(笑)

その間傘で防衛しながらずっと小走り。
ほんとに怖いんだよ、なんか水の音しかしないし。

さくらもきれいらしいので、春はいいかもね。
新緑だって相当きれいだったけど、人がいないと怖いよ。

引き続き小走りで南禅寺を目指しました。
工事の人、あれ?インクラインって言ってたのに、って顔された。
何か言われる前に、会釈して小走りで逃げた。

京都は水がきれいっていうけど、ほんと。
どぶも濁ってないよ。
透き通ってそよそよ流れています。

P1200521

どぶって言わないでって・・・(笑)

ここで立ち止まってはいけない。
13時前の新幹線に乗らないといけないし。
このときすでに10時30分近く!

急げー急げー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉ねたの松花堂弁当

錦市場の中にある、嘉ねたでお昼ごはん。

本当はここの2階にあるのかな?
カネタカフェで生麩パフェを食べようと思ったの。
でもすきっ腹にはこたえるなー、と思ってやめました。

よびこみしてたおじいちゃんがかわいくて・・・
しかも鱧のちらしだって言うし・・・
ここに決めた。

松花堂弁当をいただきましたよ。
平日でもう2時をまわってたので、貸切でゆっくりランチできました。

P1200439

雰囲気のよい店内。

まずお吸い物が出てきました。

P1200442

見た目シンプルな感じだけど、ひとくちいただくとゆずの香りがぷんとする。
生の皮が入ってました。
ゆばと、あとはおそうめんが少し。
このほんの少しがいいアクセントになってるのよ。
つるつるっとした食感がとってもよくって、気に入りました。

すごく感動的なお吸い物でした。
見た目にもいいし。
おもてなしに最適だね。

はい、お弁当。
お造り、煮物、焼き物、てんぷら、酢のもの、鱧ばら寿司、麩まんじゅう。
これにお吸い物がセットで2500円。

P1200450

おかずもたっぷり。
おじいちゃんのおすすめがあったのでお造りつきで頼みました。
ほんと、大正解!

P1200445

とくに鯛のお刺身が・・・ぶりんぶりん。
弾力すごくて、あまくて美味しかった。
鱧の湯引きも美味。
焼き物も、お麩の煮物もエビも隠れてるけど厚焼き卵もある。
ぎっしり。

ちらしとてんぷら。

P1200447

鱧の皮の酢のもの、コリコリしてて美味しい。

てんぷらも美味しい。
あとはお野菜自体が美味しいのもあるんだよね。
何食べても美味しいのよ。
珍しいのは鯛のしそ巻きのてんぷら。
鶏のてんぷらかと思った。

鱧のちらしも、あっさりしてて食べやすかったよ。

あとこういう定食に麩まんじゅうがついてるのが嬉しい。
京都ならではでしょう。
最後の最後まで楽しんだ。

食べ終えて、ほうじ茶でほっこり。
落ち着く。


あー、ほんと大満足でした。
私、京都のお味が好みかもしれない。
すごく勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

錦市場をふらふらしたよ

この屋根、行ったことある人ならわかるよね。

P1200451

京都のお台所、錦市場をふらふらしてきましたよ。
色んなものが売っていて楽しい。

「はも」って関東だとあんまり食べないよね。
お店の人にすすめられててんぷらを食べてみた。

P1200431

すごく美味しくてびっくり!

ちょっと高級な魚といえば、京都は鱧、東京は鰻だそう。
鱧は鰻より好きかもしれないよ、私。
ごめんね、鰻さん。

はい、こちらは三木鶏卵。
美味しそうー・・・。
たまご大好き!

P1200436

たまごイエローがきれいすぎる・・・。
ショーケースに顔つけて見てた。

クリームパンが美味しいと教えてもらったの。
だけど季節限定でありませんでした。
かわりに黄身餡パンを買いましたよ。

素朴でたまごの味が濃い、これまた好みの味。
カスタードみたいな、餡だよ。
色を見たら味、わかるよね。

P1200466

これも何回かにわけて食べた。

あと三角のたまご焼き、ふくさ焼きも買った。
茶碗蒸しを焼いた、みたいなたまご焼き。
真ん中のぷるぷるが美味しかったです。

P1200469

これかなり食べ応えあるので、冷蔵庫にしまっておいて数時間ごとに一口食べる戦法で2日間かけていただきました。

何人か居ればシンプルなだし巻き買ってみたかったなぁー。

あとは、持ち帰り用の乾物をいくつか買いました。
こんなセット、ずるいよ。
子供の頃買ったビーズセットとか宝石セットを思い出すな。

P1200456

これもお吸い物とかに浮かせるお花。
もったいなくてなかなか使えない・・・。

P1200460

あとはシンプルな湯葉。
煮てもいいしお吸い物に入れてもいいって。

P1200454

ちょいレトロ具合がたまらないな。
これは乾物マエストロがいるお店で買いました。

あとこれも。
手作りの焼き麩です。

P1200457

これ持ってたら錦市場の店員さんに「おしゃれなバケットですねー」って言われた。
「いいえ!焼き麩です!」と得意げに答えました。

こういう乾物って所有することがステータスだと思うんだよね。
(え?違う?)

これらを生かして、お料理してみたいな。
普段よくやるピカタとかどんぶり以外にも活用できるって。
フレンチトーストとか、ハンバーグのつなぎでもいいみたい。
楽しみ。


そうそう、あとはちょっと遅いお昼ご飯を錦市場でとることにしました。
次へ続きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東福寺 りっぱな三門

そう。
三門見忘れたって思い出してまた引き返した。

P1200318

あった。これこれ。
これが三門です。

P1200320

それにしてもでかい。
遠くまで離れないとおさまりきらないよ。

室町時代の建造物で国宝です。

P1200325

唐様・和様・大仏様の建築様式を取り入れてるそうよ。
禅宗寺院としては最古・最大・最優だって。
すごいな。誉められまくり。

P1200330

ペーパークラフトに見えなくもないな、と思いつつ。
ぐるぐる一周回って見る。

ん、釘とか使ってないでしょ、この建物。
ぴんときた。

調べたらやっぱりそうでしたよ。

木が腐ったらそこだけ接げばいいそう。
地震の縦揺れにも横揺れにも強い構造。
日本の建築は素晴らしいです。


はー釘使ってないすごいなーすごいなー、と意識もうろうと三門をぐるぐる回ってました。
ははは。
危険(笑)

あとは記念撮影頼んだり、庭師のおじいちゃんと談笑したりして帰路につきました。
楽しかったな。
だいぶ満喫しました。

気が付いたらとっくに13時まわってる。
そりゃ疲れるわけ。
お腹ぺこぺこ。

このままバスで錦市場まで行くことにしました。
何か食べさせて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東福寺 光明院波心庭

てくてく歩いて移動。
東福寺、とひとえに言っても寺の集合体みたいな感じ。
次の目的の庭園は少し離れてるの。

P1200208

忍者がいそうな雰囲気。

あいぽんまじ使えないし、とキレつつ。
使えない、というか私が使えてないだけ。
地図がわかりにくいーーー。

あー、つきました。
入口にパックマンがいっぱい。

P1200220

入口の敷石のランダム感

P1200215

階段の石のつぶ具合

P1200314

玄関のリボンもしくはちょうちょなど

P1200222

ミナペルホネン信者としては感銘を受けました。
素敵です。

光明院の波心庭です。
ここも重森三玲作のお庭。

ご挨拶して、そそそっと中へ。
あー、すごいことになってる。

P1200231

ここも貸切でした。
でもここでは踊らずに、静かに鑑賞。

P1200240

躍動感ありますね。
観てると不思議と動きを感じます。

やっぱり今の時期は苔が枯れてるのかも。
青々してないもんね。

P1200252

ここも紅葉がきれいみたい。
苔の緑と紅葉の赤。
絶対美しいに決まっている。

P1200242

水がほんとうに流れているように見えます。
皆さんはこのお庭から何を連想します?

P1200279

私は宇宙を感じるかな。
あと北極的な・・・アザラシ的なものかな。
ペンギンでもいいんだけど。
なんだか不思議です。

P1200261

JALと提携?

細かいところも鑑賞すると、発見があって楽しい。
これはチロリアンテープかな?

P1200267

真新しい畳のいいにおい。
ほんと、誰もいないのよ。
しーーーーーーん、って耳が痛いくらい。

寝てもいいかな?

P1200271

でもやめといてよかった。

P1200298

P1200317

私のように理性を保てる人のみが鑑賞できる庭ですから。
気をつけて。

あとは見忘れてた三門を見てから帰りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

東福寺 通天橋と開山堂庭園

通天橋です。

P1200037

P1200102

ここはまわりぜーんぶ紅葉です。
秋はきれいだろうなあ。
でも人もすごいんだろうね・・・。

新緑の頃に来るのも悪くないと思いました。
緑のいぶきが感じられて、すがすがしい。

P1200117

タケコプターが生えてるのわかる?
これは花かな?
はじめて見た。

通天橋もほぼ貸切りでした。
のんびりぶらぶら。

ここを渡ると開山堂庭園があります。
また市松模様だ。

P1200169

腰掛けてしばらくのんびり。
ぼーっとするには最適。
さっきからずっとぼけー。

蓮も咲いていたよ。

P1200162

花菖蒲も(あってる?あやめ?かきつばた?)。

P1200152

ちらっと奥に見えるかな。
さつきもきれいでしたよ。


庭園の写真って撮ったことないから難しいわ。

P1200185

ここ、すごくいいところでした。
伝わればいいけど。

さて休憩おしまい。
休んでまた次も行くところは庭園です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

東福寺 市松の庭

今回の京都旅行でどうしても行きたかったところ。
それは、東福寺の庭園です。

重森三玲という作庭家を知ってどうしても行きたかったの。

庭園の作家を「作庭家」と言うのね。
はじめて知った。

こちらは南庭。

P1200064

ああ、これが枯山水。

P1200063

しかも奇跡的にどこでもほぼ貸切状態だった。
踊ったり、ひとり記念撮影したり、もう一回踊ったり。
それはそれは自由でした。

むかし故宮博物館行った時も貸切だったっけ。
豚の角煮と白菜を前に、ムーンウォークを披露したわ(笑)

でんぐりがえししようと思ったけど、ふすま蹴破ったらあれなのでダンスするだけにしておきました。

P1200062

線を引くところ見てみたいなあ。
庭の設計図とかあるのかな。
幅何センチとか決まってるのかしら。

P1200054

台風とかきても線は乱れないのかな。
気になるな。

P1200053

北斗七星の庭。
なるほど。
天気図みたい。

方丈西庭。
サツキ
の井田市松。
モダンだなぁ。

P1200108

一番楽しみにしていたのはこっち。
方丈北庭。裏庭ですね。

ウマスギゴゲで作られた市松模様。

P1200078

ほんとに市松模様だ。
しばし感動。

P1200082

やっぱり生で見ると圧倒されます。
庭で市松って思いつかないよな。
すごいなー、素敵。

でも、ミニツアーのガイドさんが
「こけが枯れてますね。それがちょっと残念です」って言ってた。
隣で聞いてて、そう言われれば、と思った。
言われなかったら気にならなかったけど、もっかい庭を一周したら今はこけが全部枯れてました。
雨降ってなかったからかなぁー。

でもでも。
緑でも茶色でも、やっぱり素敵な庭です。


部分的には青々してるんだよね。
梅雨のあととかは、色も変わるかなぁ。

P1200150

ああ、うちも庭、市松にしたいなぁ。
おべんとうも海苔で市松にしようかなぁ。

P1200056

P1200058

P1200060

やっぱりずっと貸切だったので、くまなく見て回りました。
ん。市松見れて満足です。

まだまだお庭を見て回りましたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)