201505 京都

2015年9月26日 (土)

東福寺・帰りのお弁当・デザート

東福寺は新緑の時期、とってもきれいで素敵なんです。
今年はそうだ京都行こうのCMに使われたので、人多いかな・・・と、心配してたけど全然そんなことなかった。
がらんとしていた、不思議なくらい。

P1420014

まぶしい青もみじ!
まるで海のよう。
うん、たしかにこれからの紅葉の季節はすごいだろうな。

P1420073

東福寺は庭園もとても魅力的なんです。
なんとなくかわいい庭。

P1420070

おなじみ市松の庭は、苔がこの時期いつも枯れてるの。
緑で茂っているのはいつなんだろうな~。

うっすらハゲでちょっと寂しい・・・。
いつ来てもハゲ。
ハゲも嫌いじゃないけども。

P1420075

でものんびりできてよかった~。
東福寺はおすすめ。
庭園がきれいでもみじもあるし広々していて気持ちよい。


さて、帰りの新幹線で食べたお弁当です。
六盛(ろくせい)の手まり寿司。
ほどくのがもったいないね。

P1420219

見た目もきれい。
色々な種類も入っているし、小さくて食べやすいよ。

P1420229

おかずも種類が豊富なので満足感あります。

P1420233

母は別のタイプのお弁当。
こっちも美味しそうだった。
人のものって、美味しそうに見える。

P1420225

デザートには、中村藤吉の生茶ゼリイ。
甘さもちょうどいいし、JRの駅で買えるので定番デザートになりつつある。
抹茶と違って生茶の風味が新鮮。

P1420242


あ~いま振り返っても楽しい京都旅行でした。
また行きたいなぁ。

さて、次は香港旅行のことをまとめるよ。

| | トラックバック (0)

2015年9月23日 (水)

京都に来たらプチメックのパンを買おう

京都は言わずと知れた美味しいパンの街。
いたるところにパン屋さんがあるし、どこで買っても美味しいと思う。

ただ、なんとなく京都に来たらプチメックなんだよね。
まぁ、東京にも支店があるし別のお店のほうがより京都に来た感もあるのかもしれないけれど・・・。
とりあえず私はあの「黒メック」の雰囲気が好きなんです。

最近の生活において、私は糖質をけっこうガマンした生活をしています。
糖質はやっぱり太るし、体に良くない気がする。
実際、私は糖質を控えただけで太らなくなる。
太らない=痩せる、ではないよ、増えないだけ、現状維持。

そういうわけで、旅行中は特にパン食べたい欲が爆発するんだよね(笑)
ホテルで母にはくつろいでもらって、私は黒メックへ走った!
開店と同時にお店に入り、鼻息荒く選んだ。

とにかくどれでも美味しい。しょっぱくても甘くても。

P1410980

ちなみに誕生日の日に買った。
なんとなく嬉しい日付、5.26。

P1410986

美味しいパンは人生を豊かにするなー。

| | トラックバック (0)

2015年9月22日 (火)

南禅寺の三門に登ったよ

京都旅行記の続きを・・・。
なにせPCを長時間使うと肩こりがひどくなるのです。
最近は携帯もあんまり使わないようにしてる。
ああ、早くよくならないかなぁー。

---------------------
私の好きな南禅寺に。
今回の目的は「三門に登る」こと!

P1410747

どれどれ、と何も考えずに入って行ったけど・・・
か、階段が急すぎます。
やばい、ちょっと怖い。
しかも靴下がすべる素材だとつーーーーーっといくからほんとに危険。

P1410764

上にいる外国人の青年が転げ落ちてきたらどうしよう・・・。
本当に怖かったわ。

あ、そうそうここの階段頭をぶつけやすいので気をつけて。
おじさんに危ないよ~と言われたのに頭ぶつけた。
でかでかと書いてあっても見えないもんだ。

P1410799

ちょっとしたアスレチックだわ~ふぅ(汗)
でも登るとこんな景色が見えますよ~。
すがすがしい風もふいて、とても気分がよい。

P1410767

紅葉の季節もいいけど、わたしは新緑派だなーやっぱり。
緑色に癒される。

P1410813

このあと水路閣などまわってぐるっと散策してきました。
とっても気持ちがよかった!

| | トラックバック (0)

2015年7月 7日 (火)

出町ふたばの名代豆餅

また京都の食べる話。
こんどはおやつ。。。

ずっと食べてみたかった出町ふたばの名代豆餅!
出町柳のお店に並んだこともあったけど、行列がすごかった・・・。
なくなく諦めたのでした。

裏技ないかなーと色々調べてみたんだ。
どうやら駅前の伊勢丹や駅の売店、高島屋なんかのデパートにもあるみたい。

新幹線が昼過ぎに京都へ到着。
まずは伊勢丹に行ってみたよ。

和菓子の名店が集まっているエリアがあり、そこにありました~。
横にはみんな大好きもちもち阿闇梨餅も売ってました。

P1410943

P1410953

うん、人気なだけありますな。
とってもお餅が柔らかくふわふわで美味でした。
甘さもひかえめ。

帰宅の日に買えればお土産にもできるね。
ただしすべての日に商品があるわけではないので注意。
あったらラッキーくらいでいるといいかもしれない。

とりあえず食べることができて満足。

| | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

まるでお肉 ムモクテキカフェのおからあげプレート

京都に行くとお寺の中は撮影禁止でしょ。
どうしても食べ物の写真ばっかりになってしまう~。
まあ、食べたものの記録は大事なのでよしとしよう。

ここ、京都でお気に入りのカフェ。
ヘルシーでかつもりもり食べられるメニューが豊富なムモクテキカフェ。

私はランチにおからあげプレートを。
おからとこんにゃくで作ったチキンもどき。
ふつーのからあげみたい。
言われなかったらわからないと毎回思うよ。
絶対これ、お肉。

P1410711

もりだくさんのプレート!
ごはんは雑穀米と玄米が選べる。
私はいつもハーフ&ハーフにします!

サラダバーつきもあるんだけど、お野菜けっこうもりもりなので今回はドリンクだけのセットにしました。

とにかくメニュー見るだけでも楽しい。

ムモクテキカフェ

チキン南蛮も美味しかったよ。
デザートもおすすめ。
あとはセイロと、豚肉を使っていないとんこつラーメンが気になります。
また行かないと。

ただし母の評価は微妙だった(笑)
まぁそれぞれ好みがありますからね。
あと、ちょうどそばでランチしてた集団がすんごくうるさかったんだよねー。
その集団が居なくなってはじめて店内にBGMが流れていることに気が付いた。
いやいや、どうしてあんなにでっかい声で会話するんだろう(-_- )
それもあって、母の評価が下がった気がします。。

下の階にはお洋服も売ってるよ~。

| | トラックバック (0)

2015年7月 5日 (日)

à peu près ア・プ・プレで素敵なお誕生日

お誕生日のお祝いもかねて、母と二人で京都に行ってきた。
と、言ってももう5月の話なんだけどね。

新緑の京都はおすすめ。
おそらく桜や紅葉の頃に比べたら、人も圧倒的に少ない。
それにひどく暑くもないしね。
今度はもう少しずらして、あじさいの季節もいいなと思った。
三室戸寺に行ってみたい。

さて。
まずは大事なお食事の話から!

今回は、ずっと行きたかったア
プ・プレに行ってきました。
旅行が決まった瞬間にTELしておさえたからね。

一番好きなお洋服を着てでかけました。
カレー食べるときは絶対に着れない白&レース(笑)

P1420133

京町屋を改造したお店です。

前知識としては、
・シェフが女性であること。
・お野菜がふんだんに使われている。
ってことしかなかったんだけど、ぴんときたの。
多分、間違ってないと思う。
お店に入る前になんとなく確信しました。

P1420119

私たちはお庭の見える席にしました。

いすがちょっと低いんだけど、妙に居心地がいい。

P1420134

わー。
ちょっとドキドキしながら座ります。

P1420144

今回は、Natureという一番軽いコースに。
でもだいぶ満足感あった。
じゅうぶんだと思う。

乾杯はフレーバーのソーダで。
フランボワーズ(母)とレモン(私)。
さっぱりしてお料理によく合います。

P1420149

まず、アミューズブーシュ。
「一口のオードブル」みたいな感じかな?
右はグジェール、つまりチーズ味のシュー生地です。
左はブタのリエットのカナッペ。

P1420152

一口サイズから
幸せの時間がはじまるわけだ。
じっくり噛みしめて繊細な味を確かめます。
この透明なお皿もいいよね。涼しげです。

お次は前菜。
「マスカルポーネのティラミス トマトのジュレとウニ添え」

ウニが濃厚。軽くてふわっとしているのに味が濃い。
見た目もとても素敵。

P1420156

母は「サーモンマリネとサラダのフィユテ」に。
ボリュームたっぷり、サーモンのいい香りがたまらない。
フィユテはパイ生地のことみたい、下にサクッとしたパイがあります。

P1420159

パンもとても美味しい!
お料理の味をぐんと引き上げます。

P1420176

バターはシェルのかたちだよ。

フライングしてナイフをちょっと入れて傷がついちゃった。
こういう心遣いが嬉しいなぁー。

P1420161

お次はスープ。
なんと新しょうがと新玉ねぎのポタージュですって。
初めてのお味に驚きが隠せない。
うーん、奥深い。しょうが好きにはたまらない。
ピンクペッパーがいいアクセント。

P1420171

いよいよメインです。

私は「丹波あじわい鶏のパテのパイ包み」に。
サクサクのパイの中に、ぎっしりパテがつまっている。
豚だと重い気がするけど、鶏なのでちょうどいいかも。
前菜は迷ったサーモンにしなくてよかった。
パイがかぶるところだったもんね。

付け合わせのお野菜のまぁ~美味しいこと。
これが目当てでもあったんです。
ほんと、大正解。

P1420181

母のメインは、養老豚のロティ タプナードソース。
こちらもお野菜がふんだんで、かなりの満足感がありますよ。

P1420185

ふー。
お味だけでなく、見た目もきれいだし鮮やか。
本当に私好みのフレンチです。

さてさて、デザート。
我々はそろってチーズの盛り合わせにしましたよ。
白カビ・青カビ・ハード・ウォッシュの4種類。
一番食べやすかったのはハードかな。
白カビはわさびに似た刺激がある。

P1420190

コーヒーを飲みつつ、余韻にひたる。
デザートの選択にチーズが含まれていること自体嬉しい。
もうなんでも嬉しい(笑)

こんなかわいいお菓子がつきます!
ギモーヴとフィナンシェ。

フィナンシェとかこんな薄切りでもいいんだ!
むしろ、薄いほうが味わいが引き立つ気がする。
色々と勉強になります。

ギモーヴももっちりとしているなぁ。
本当に量がちょうどいい。

食後にあんまりヘビーに甘いものは入らないのです。

P1420197

すべて美味しかった。
大満足。

さいごに女性のシェフがお見送りしてくれました。
ごちそうさま、とは伝えたけどもっと熱心に伝えたかったな―。
本当に美味しくて、いいお誕生日になりました、って!

| | トラックバック (0)